九州本部は走り大黒天を奉安する

阿含宗は信徒が修行をしながら仏陀になることを目指している宗派です。そのためこちらではいろいろな修行が行われています。信徒達は阿含宗によって仏陀の教えを受けることができて、最終的には世の中の人達がもっと幸せに生きられるようになることを目標としています。このような阿含宗の教えを日本中に広めるために各地に寺院が建てられています。特に九州地域にはいろいろな寺院が存在しているため、それらをまとめるための九州本部は重要な存在となっています。

九州本部では地元の人達のためにさまざまな行事を執り行っています。その一つとしてたとえば走り大黒天を奉安したことがあります。一生懸命こちらの地域で走り大黒天を奉安することに取り組んできており、九州本部も協力してきました。その結果として無事こちらの地域に走り大黒天を奉安することに成功しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る